なにかが道を
やってくる
茨城県北サーチ
なにかが道をやってくる 茨城県北サーチ
アーティストや研究者など国内外のゲストが参加者とともに、茨城県北の地を歩きます。歩き方はゲストによってさまざま。講師/聴講者という固定した関係性をほぐし、自然な対話が生まれる場をつくります。プログラム終了後、ゲストはその場所についてのテクストを残していきます。文化資源として、いずれその場所を訪れる人々への招待状となるべく、ウェブにアーカイブされます。
なにかが道をやってくる 茨城県北サーチ

2020年もまた芸術祭ラッシュである。茨城県北地域は芸術祭とすこし異なるアプローチを昨年から始めた。作品ではなく作家や研究者(と)の体験を主眼とし、テクストとして10年後、100年後に受け継ぐことを目指す。今回は記録写真の一葉、手漉き和紙の一文字がいかに大きな時間の中に存在しつづけているかということを、手を使い足で歩きながら体験する。かつてあったもの、これから始めるトライを地域から掘り出し、掘り下げ、じわり日々の感情に結びつけられるか。我々自身の探究心にかかっている。
_ 澤隆志

1 ユージン・スミスが撮った日立を眺める

大森 潤也 日立市郷土博物館学芸員

大森 潤也(日立市郷土博物館学芸員)

2020年2月22日(土)

アメリカの著名な写真家ユージン・スミスが、1960年代に日立を撮影したことはあまり知られていません。その写真を長年、調査してきた学芸員の大森潤也と、貴重な資料を閲覧、実際の撮影場所を見学し、スミスの写真を地域資料として読み解いていきます。

時間
13:30-15:30(開場13:00)
場所
日立市郷土博物館1F集会室(日立市宮田町5-2-22)
定員
10名
参加費
500円

◎アフタートーク 15:45-16:15
大森潤也×松本美枝子×舘かほる(写真研究者、本プログラムリサーチャー)

1970年、茨城県日立市生まれ。1996年から日立市郷土博物館の美術担当学芸員。主な研究分野は近現代絵画および日立・茨城の美術。主な担当展覧会は「画家たちの巴里」(1998)「近代花鳥画考」(2000)「加守田章二と竹内彰」(2006)「ユージン・スミス─東洋の巨人・日立をとらえた眼」(2010)「増田聡子展」(2015)など。大学時代にユージン・スミスの日立撮影を知って以降、その関連写真・資料を調査している。

撮影:松本美枝子

2 和紙に字を植える

華雪 書家

華雪(書家)

2020年2月23日(日)

国土が違えば木の径も異なり、紙漉きの大きさとして現れます。文字も誕生から今まで変化は止まらず、書家・華雪はその変化を創造の源とします。今回は「芸」一文字の誕生からイメージし、すき絵技法で字を書きます。

時間
14:00-16:00(開場13:30)
場所
紙のさと 西ノ内和紙資料館(常陸大宮市舟生90)
定員
10名
参加費
500円

◎アフタートーク 16:00-16:40
華雪×澤隆志

1975年京都府生まれ。書家。立命館大学文学部哲学科心理学専攻修了。92年より個展を中心に活動。文字の成り立ちを綿密にリサーチし、現代の事象との交錯を漢字一文字として表現する作品づくりに取り組むほか、〈文字を使った表現の可能性を探る〉ことを主題に、国内外でワークショップを開催する。刊行物に『ATO跡』(between the books)、『書の棲処』(赤々舎)など。作家活動の他に、『コレクション 戦争×文学』(集英社)、『石原慎太郎の文学』(文藝春秋)をはじめ書籍の題字なども多く手掛ける。
作品収蔵先:高橋コレクション(東京)、ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡)、うつわ菜の花(神奈川)など。
https://kasetsuws.exblog.jp/

撮影:志鎌康平

 

松本美枝子 写真家

1974年茨城県生まれ。人々の日常、人間と自然環境の移動などをテーマにフィールドワークを行い、写真やテキストなどによる作品を発表する。主な展示に、中房総国際芸術祭「いちはらアート×ミックス2014」、「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」、2018年 個展「The Second Stage at GG」#46「ここがどこだか、知っている。」(ガーディアン・ガーデン)など。写真集に、詩人・谷川俊太郎とコラボレーションした『生きる』(ナナロク社)などがある。

澤隆志 キュレーター

1971年茨城県生まれ。イメージフォーラムのフェスティバルディレクター(2001-10)を経て現在はフリーランスのキュレーター。あいちトリエンナーレ(2013)、東京都庭園美術館(2015,16)、青森県立美術館(2017,18)などでキュレーション。

申し込み・問い合わせ

nanikaga2020@gmail.com

件名
県北サーチ申し込み
お名前
本人のお名前と同伴者様がいる場合は人数とお名前
参加希望の回
1,2を明記下さい。複数の申し込みも可能です。
携帯電話番号

各回3日前までに、上記アドレスに以上の内容を添えて送信してください。定員になり次第締切とさせていただきます。

参加費 各回500円
当日徴収/要予約

メゾン・ケンポク(茨城県北地域おこし協力隊事務所)

メゾン・ケンポク

茨城県では、アートを活用した地域主体のまちづくりのための事業に取り組んでいます。《メゾン・ケンポク》はその一環として、2018年12月にオープンしました。丘の上に立つ、かつて大きな料亭だった建物を活用し、長期滞在できるレジデンスと、イベントや制作活動を行うことができる設備を順次、整備中です。3階には風情のある56畳の大広間と舞台があり、窓からは常陸太田市の美しい町並みと山々を見渡すことができます。アーティストで茨城県北地域おこし協力隊の日坂奈央(ファッション・デザイン)と松本美枝子(写真家)が常駐し、ここを拠点にさまざまなアート・プロジェクトを発信していきます。

facebook @maisonkenpoku | twitter @maison_kenpoku | instagram @maison_kenpoku

メゾン・ケンポク(茨城県北地域おこし協力隊事務所)

茨城県常陸太田市西一町2326
Tel:080-8740-6912

JR水郡線常陸太田駅より徒歩15分/常磐自動車道日立南太田ICより車で15分
駐車場は常陸太田市郷土資料館向かいの市営駐車場をご利用ください(無料)